FC2ブログ

普通すぎるアラサー会社員、里四がナンパや出会い系の女の子と最高のデートをする。東京

        Twitter里四のTwitter
☆里四のツイッター
FC2ナンパブログランキング
☆質問等メールはこちら

メールフォームが表示されない場合はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | --/--/-- | 編集
23.|-|2016/05/21(07:10:40)

おもしろい・・・!
24.|里四|2016/05/22(08:36:58)

>名無しさん

ありがとうございます(^^)
少し前の記事ですが読んでいただけて嬉しいです!!
37.|まいこー|2016/09/25(20:13:04)

似たような考えの方もいるんだなーと思いながら読ませていただきました(笑)
私も仲間のナンパ師特に歴の長い人からは向いてないね(笑)と言われるタイプです。

いまでもセックスしたいがためのナンパに抵抗があるんですよ(笑)
いつか、ご機会があればお話してみたいなって改めて思わさせていただきました。
ありがとうございます。
38.|里四|2016/09/26(09:36:17)

>まいこーさん

コメントありがとうございます!

こんなに昔の記事にコメントもらえるとは
( ´艸`)
そして共感してもらえて嬉しいです。

ナンパって出会いが多いだけに色々なこと考えてしまいますよね(´・_・`)
それでも大好きなんですが笑

福岡は次回の遠征候補です!
ぜひ一緒に飲みながら話したいです(^o^)/



繋がりについて考える①~ナンパしたOLとのドライブ中にBBAが倒れていたら~


「繋がり」をテーマに2回に渡ってお送りしようと思います。

だいぶメンヘラってますので悪しからず。

最近、出会いや人との繋がりについて考えさせられる出来事がいくつかあった。偶然起こった事と言うよりは、「自分の行動がもたらしている」と言った方が正しいんだけど。

自業自得ってやつだ。


------------------


7月某日

ちょうど1ヶ月前にナンパした23才のOL、リス子を助手席に乗せ、僕は某アウトレットモールへと車を走らせていた。

リスに似ているからリス子。



------------------



あの日、リス子はスーツ姿で駅へ向かう階段を上っていた。
21時頃だっただろうか。完璧なスーツ姿。ザ・OL。

僕はすぐに彼女を追いかけて声をかけた。


里「お仕事お疲れ様^ ^」


リス「…」


ガンシカされたが、そんなの全く気にしない素振りで続けた。


里「グッタリって感じだね^ ^お仕事1年目?」


リス「はい。疲れました。もう帰ります。」


チラッとこちらを見て小さい声で反応するリス子。


里「疲れたまま帰らないで、少し誰かと喋って帰ると良いよ。おれとか(笑)カフェ行こっか!?」


リス子は急に振り返り、僕を試すように言った。


リス「スタバ奢ってくれるなら。」


僕は表情を変えずに冷静に返した。


里「奢ってなんてカッコ悪いこと言っちゃダメ。年上で、しかも誘ってる方が奢るのはどう考えても当たり前のことでしょ?」


リス「確かにそうですね…じゃあ…」


心なしかリス子の表情が和らいだ気がした。



この日はカフェで1時間半以上仕事や恋愛など、色々な話しをした。

リス子は1ヶ月前に3年付き合った年上の彼氏と別れたばかりだった。その前の男と付き合っている頃に出会い、乗り換えて3年。そして先月の別れ。彼氏がいない生活が久しぶりすぎてどうすればいいかわからないと笑った。

よく笑って、素直で、どこか天然で…

この子と一緒にどこか遊びに行ったら楽しいだろうな。

席を立ち会計を済まそうとすると、


リス「私も出します!」


リス子は自分の財布から千円札を差し出した。


里「今度出してよ。」


僕はお札を渡そうとするリス子の手を制して会計を済ませた。

駅へ送る途中でLINE交換。

リス子からIDを聞き、


里「後で送っとくよ」


と言う僕に、


リス「本当ですか…?今送って!」


リス子はどこか相手の発言や行動に対して、裏読みするような、相手の真意をうかがうようなところが特徴的だった。また、単純に僕のことを多少なりとも好意的に思ってくれていることがわかり嬉しかった。

risu1



------------------



アウトレットモールへの道中も会話は尽きなかったし、モール内の店を回りながら、この服が可愛いとか、こんなの誰が着るんだろうとか、そんなくだらない会話で過ごす時間にも充実感があった。

アウトレットを出て再びドライブ。


リス「こんな充実した休み久しぶりです。楽しいですね!?」


里「うん。」


リス「え…!?そうでもないですか?」


急に心配そうな顔で問うリス子の顔を見て笑ってしまった。


里「いや、ほんとだから!心配しすぎ!」


僕の「うん。」のテンションや言い方が少し気になったらしく、すぐ相手の真意が気になるリス子。

その感じが面白くて、僕も同じやりとりを仕掛けて2人で笑った。


リス「バカにしないでください!でもこういう女の子ってめんどくさいですよね!?」


里「…」


リス「え…!?」


僕がわざと返事をせずにいると、また勝手に心配するリス子。そしてまた2人で目を見合わせて笑った。


リス子とのデートは本当に楽しかった。しかし、その楽しさと裏腹に、僕の心の奥にはモヤモヤ…

この出会いが唯一の出会いだったら、純粋な気持ちだけで楽しめるに違いないし、もしかしたらリス子とのステキな未来も頭に浮かぶのかもしれない。しかし、僕はリス子以外にもやりとりしている女の子が何人もいる。

リス子と同じように情を持ってしまっている子もいるし、さらにその内1人に対して、僕は完全に恋をしている。(今回、繋がりについて考えるきっかけがこの1人の子との出会いだった。この子については次の記事で書きたいと思う…)

とにかく、僕は情が入りやすい性格のくせに、ナンパ(出会い系含む)なんてしてるし、彼女を作る気もないのに、デートをする。

本来、僕みたいな人間の正解は「即」や「軽いノリの合コン」など出会ったその日、その晩、その時限りの関係か、完全に遊び前提の出会いに絞ることが正解なんだと思う。

だけど、いざ声をかけたり出会い系でアポッたりして、「良い子!面白い子!」となると、もっとその子について知りたくなってしまうし、セックスだけでは到底満足できなくなってしまう。

当然、相手が自分に好意を持つ機会も増えるし、そうなることで、相手を傷付けることもあるだろう。それはいくら「彼女を作る気はない。」と事前に予防線を張っていたとしてもだ。男女が深く関わるってそういうことだと思う。

相手の自分への好意がわかると、嬉しいと同時にとても辛くなるし、この子に早く良い彼氏ができて連絡が取れなくならないかな、なんて自分勝手に考えてしまう。


ナンパ向いてない…


リス子もそんな僕の「うん。」(「楽しいですね!?」の問いに対して)を敏感に感じ取っていたのかもしれない。

それでも、今回のドライブは間違いなく楽しかったし、そして、僕はリス子とこれからセックスをしようとしている。

勝部さん怒るだろうな…
(Twitter「勝部元気」で検索!!)

僕はこれから向かう夜景の綺麗な某公園で良い雰囲気を作ってそれから…なんて考えながら車を走らせていた。



その時だった。

前方の道に倒れこんでいる一人の女性が目に入った。年配のBBAだ。傍に30代の男性が一人。その前には一台の軽自動車。

事故ではなさそうだ。

30代男性は倒れている女性に気づき、救助するために車を停めているようだ。作業着姿。仕事帰りなのだろう。

自分も手伝わなければ!

とっさに車を停め、リス子を車内に残して、救助へ向かった。


里「大丈夫ですか!?」


現場は少し酒臭かった。

BBAは酔っ払いだった。

酔って歩けなくなり、道に倒れていたのだ。

先に助けに入った30代作業着男性が言った。


30代作「飲み過ぎちゃったみたいなんです。」


BBAがいきなり起き上がって喋り始めた。


BBA「子供は学校に行かないしね、旦那もお金を少しも渡さないし携帯も持たせてくれない。どうすればいいって言うの!」


BBA「どうしてこんなおばさんに構うの!あんた達、もういいから帰りなさいよ!」


詳しく話を聞くと、BBAには40を過ぎて産んだ一人息子がいる。自分なりに一生懸命育てたつもりだったが、不登校になってしまったという。旦那はそんな状況に全く協力してくれないし、こんなに家族のために頑張ってるのに稼いできたお金を少しも渡してくれない。そんな状況に酒でも飲まなくてはやってられなくなり、嘘をついてお金を貰い、1人で飲みに出てきたと言う。


闇は深そうだ…


BBA「こんなおばさんに構わないで早く帰りなさいよ!」


BBAはもう一度言った。


30代作「ほっとけるわけないですよ。何かあったら悲しむ人は必ずいますよ。」


30代作業着男はとてもいい奴だった。

このままではまずいと、BBAから旦那の携帯番号をゲットし(番ゲ)、30代作がかけてみたが繋がらない。しょうがないので住所を聞くと、近所に住んでることがわかった。

幸いなことに、30代作も比較的近所の住人で、家を探しに行き、旦那を呼んでくることになった。僕はその間BBAの介護をする任務を与えられた。

30代作が旅立った。

そういえば30代作の携帯の待ち受けは赤ちゃんのどアップ写メだった。新たな家族が増えたことで芽生えた正義感や「家族」というものに対する想いがBBAを助ける行動につながったのかもしれない。知らんけど。

家族がそれぞれバラバラなBBA一家と新しい命が増え幸せいっぱいの30代作一家(知らんけど)、そしてナンパした女の子と葛藤しながらドライブしていた里四。

まるで別々な3つの人生が交わった。

30代作が戻るのを待っている間、BBAはまた、


BBA「こんなおばさんに何で構うの?早く帰りなさい!」


と言った。


里「僕の母親と同じくらいのご年齢なんですよ。ほっとけるはずないですよ!」


僕は適当な嘘で返した。


しかし、その瞬間強烈なIOIを感じる。
※IOI(アイオーアイIndication of Interest) 女性から自分へ向けられる興味を図る指標の事。手を握ると握り返してきたり、ボディタッチが増えたり、相手からの質問が増えるなど。

BBAは僕の肩に頭を預け、セクシー気味な声で言った。(セクシーではない。BBAだ。)


BBA「1杯だけで良いから付き合ってくれない?いいでしょ!ね!お願い!」


里「…」


BBAが仕上がった。


しかし、僕は車だし車にはリス子が待っている。


里「飲んだらもっと歩けなくなっちゃいますよ!あと僕、車なんです。中に友達を待たせてますし…」


車を指差すとBBAの表情が変わった。


BBA「友達ってどうせ彼女なんでしょ!それならもう帰ってよ!」


BBAはリス子に嫉妬して、僕の心を揺さぶりににかかった。

突き放しルーティーンか!?


その時、ようやく30代作が帰還。

少し遅れてBBAの旦那がやってきた。


B旦那「ご迷惑をおかけしてすみません。BBA、帰ろう。」


BBAの旦那はすごく穏やかで優しそうに見えたが、30代作は僕の顔を見て、残念そうな表情を浮かべ、首を小さく横に振った。


BBA「嫌だ!帰らない!」


僕の腕を掴んで抵抗するBBA。

仕上げ過ぎてしまったようだ…


B旦那「いいから!帰るぞ!」


無理やり引っ張るB旦那。


里「まずはこの場で、お2人で話し合ってみたらどうですか?」


これ以上他人の事情に関わることは無理だった。


里「お疲れ様でした。」
30代作「お疲れ様でした。」


僕と30代作はお互いを労い、車へ戻った。

30代作は良い男だ。きっとこれからも幸せな家庭を築いていくのだろう(知らんけど)

そして、後ろを振り返るとBBAが引きずられていた…


車へ戻ると、リス子は心配そうな顔をしていた。


リス「大丈夫でしたか?里四さんすごい良い人です^ ^」


BBAだけでなく、リス子の食いつきまで上げすぎ、また、BBA一家と30代作一家という、正反対の「家族」とのたった1時間の出会いを経て、僕はメンタルをやられていた。


リス「でも不思議すぎます。あんな風に駅で声かけてくる人がこんないい人なんて…」


里「…」


リス子は僕を褒め続けた。

ギラつく気なんて完全に無くなった。それでも、リス子に見せてあげたかった夜景スポットへ車を走らせ、一緒に夜景を見た。


リス「綺麗!!こんなとこあったんですねー!」


リス子が喜んでくれているのは嬉しかったがその間も、僕の頭の中にはさっきのBBAや30代作を含め、最近関わった様々な人達の顔がチラチラと浮かんでいた。

夜景を見終わりリス子を家まで送り届ける頃、日付けは変わっていた。

あっという間の一日だった。

その車の中でも、リス子は僕を褒めた。

もどかしい気持ちから僕は言った。


里「あまり簡単に人を信じすぎないほうがいい。会って二回目だし、おれはそんなにリス子が思うほど良い人間ではないから。」


僕はこの日下ネタも散々話したし、これまでのナンパの話もしたし、リス子の二の腕を一日中こねくり回していた。
よっぽどの天然なのか、BBA救助ルーティーンによってこうなってしまったのか…リス子は僕は絶対に手を出してこないと信じ込んでいた。



リス子の家の前に車を停めた瞬間、僕はシートベルトを外し、隣に座るリス子にキスをした。


リス「え…!?」


突然のことにリス子は驚いていた。


里「ね?別にいい人じゃないし、出会いはナンパだよ。でも今日、おれは楽しかった。」


里「嫌だった?」


リス「嫌ではないです…。そうですね…あまり信じすぎないようにします。でも私も楽しかったです!」


少し残念そうな表情にも見えたが、真意は読み取れなかった。

リス子はなかなか車を降りようとせず、何か言いたそうにしていたが、

僕が


「帰ろう。」


と言うと


リス「また遊んでください!」


と言って、車を降りた。


------------------


結局、この日色々考えたからって、明日からの僕はこれまでと何も変わらないと思う。

ナンパだって辞めないだろう。

ただ、たとえナンパだろうが出会い系だろうが、彼女だろうが友達だろうが一夜限りの関係だろうが、これから繋がりのある人たちには誠実に接すること。

これが今の僕なりの答え。



そういえばあの泥酔BBA、旦那さんに引きずられていた時、両方とも靴脱げてたけど大丈夫だったかな。





おわり




関連記事

関連記事 [ストリートナンパ]
ストリートナンパ | コメント(4) | 2015/07/25 | 編集
23.|-|2016/05/21(07:10:40)

おもしろい・・・!
24.|里四|2016/05/22(08:36:58)

>名無しさん

ありがとうございます(^^)
少し前の記事ですが読んでいただけて嬉しいです!!
37.|まいこー|2016/09/25(20:13:04)

似たような考えの方もいるんだなーと思いながら読ませていただきました(笑)
私も仲間のナンパ師特に歴の長い人からは向いてないね(笑)と言われるタイプです。

いまでもセックスしたいがためのナンパに抵抗があるんですよ(笑)
いつか、ご機会があればお話してみたいなって改めて思わさせていただきました。
ありがとうございます。
38.|里四|2016/09/26(09:36:17)

>まいこーさん

コメントありがとうございます!

こんなに昔の記事にコメントもらえるとは
( ´艸`)
そして共感してもらえて嬉しいです。

ナンパって出会いが多いだけに色々なこと考えてしまいますよね(´・_・`)
それでも大好きなんですが笑

福岡は次回の遠征候補です!
ぜひ一緒に飲みながら話したいです(^o^)/



☆里四が使う4サイト
★イククル★
【里四のNo.1出会い系サイト。登録・退会無料。課金制。ここの利点はライバルの少なさ。下記3サイトより女の子の量は少ない気がするが、日記機能などうまく利用すれば登録時のサービスポイントだけでも十分会える。里四が無料ポイントだけでセックスまでいったサイトとしても有名w】

★ペアーズ★

【里四のNo.2出会い系サイトに急浮上。月ごとの定額制なのでお財布に少し余裕のある人は◎。Facebook上の広告効果で女の子の質。量は抜群】

★ワクワクメール★ 【里四が選ぶNo.3出会い系サイト。登録・退会はもちろん無料。課金制。日記、つぶやきなどSNSの要素が強く楽しいことと、これらのツールをうまく使うことによって出会い率がアップします。】

★ハッピーメール★ ハッピーメールバナー
【里四のNo.4出会い系サイト。登録・退会無料で登録時にサービスポイント有。課金制。ここもワクメと使い方はほぼ一緒。たまにポイントサービスがあったりするのでその点はかなり重宝。女の子の量、質から登録は必須。】


☆里四おすすめのワクメ
☆里四おすすめのハピメ
ハッピーメールバナー
☆検索フォーム
☆QRコード
QR
☆最新トラックバック
    © 2018 普通すぎるアラサー会社員がナンパや出会い系に挑戦するブログ  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。